2019年1月から11月までの予算データ

結論
財政面での朗報か?!少なくとも11月のデータに悪い状況を示すものはなく、相対的に改善したと言えよう。ただし、剰余金が報告されているがこれはあくまでも計算上のもので、実際には赤字である(以下参照)。それにもかかわらず、11月までの直近12ヶ月の赤字はGDPの3.6%で安定しており、収益の対GDP占率は増加した。

» Read more

Consumer, Producer and Housing Prices in October 2019

November 21st, 2019
Bottom line: Both the CPI (Consumer Price Index) and the MPPI (Manufacturing Producer Price Index for the Domestic Market) rose in October, in line with expectations. However, the underlying trend has decisively changed over recent months: the annual rate of increase in the CPI, which had begun to rise in late 2017 (from negative levels), peaked around 1.5% in mid-2019 and has since declined to around 0.5%. 

» Read more

2019年10月時点の消費者、生産者、住宅価格状況

消費者物価指数(CPI)は国内市場の製造業生産者物価指数(MPPI)とともに10月、予想に沿って上昇した。しかしここ数カ月、基調に決定的な変化が見られる。 2017年後半にマイナス水準から上昇し始めた消費者物価指数の年間増加率は、2019年半ばをピークに約1.5%に達し、その後約0.5%まで低下した。

» Read more

GDP DATA: INITIAL ESTIMATES FOR NATIONAL ACCOUNTS FOR Q3 2019

November 20th, 2019
Bottom line: Much of what is happening in the economy is not good, in some cases plain bad. But the underlying trends are distorted in the quarterly GDP data by huge volatility from one quarter to the next, caused by swings in vehicle imports. Looking beyond this “noise”, it becomes clear that growth is driven only by private consumption – which is weakening – and government spending. Exports and investment are both negative factors, and even the sluggish growth of imports is bad news. In short – and despite the seemingly strong ‘headline number’ – there are increasing grounds for concern.

» Read more

GDPデータ:2019年第3四半期における国民経済計算推計初期値

現在の経済情勢はおおむね好ましくなく、場合によっては顕著に悪化している。しかし、四半期ごとのGDPデータでは、自動車輸入の振れを受け、四半期ごとに大きな変動が見られ、基調に歪みが生じている。その「ノイズ」の向こう側で成長の原動力となっているのは、個人消費――弱まる傾向にある――と政府支出のみであることが明らかだ。輸出と投資はどちらもマイナス要因であり、輸入の伸びが鈍いことでさえも吉報ではない。一言で言えば――一見強気の「見出し」にもかかわらず――懸念が高まっている

» Read more
1 2 3 4 5 6 91